ブラックリスト

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七月十五日

スイングアームのベアリング交換完了
スイングアーム軸にガタが出てきたので、BD-1のスイングアーム軸の交換をしようして、かなり経ちましたが、やっと抜くことができました。(正確には抜いたのではなく粉砕して取り除きました。)
ベアリング抜きやら、いろいろと試行錯誤しましたが、押しても引いても、固着しているベアリングを旨く抜くことができず・・・・・。
考えてみれば、ベアリングを交換するのだから、別に綺麗にベアリングを引き抜く必要はない。
ならばってことで、リーマーで、両サイドのベアリングをゴリゴリ削って、粉砕しました。
でもって、ベアリングの外枠が固着しているので、M12のタップで、軸中央部のスペーサーにタップを切り、そこにM12のボルト、ナット、ベアリングの外枠を逃がすためのスペーサーをつけて、ナットを締め付けて、ベアリングの外枠と、スペーサーを引き抜き完了。
やれやれ、ベアリングを抜くのにあれこれ考えたけど、この方法にたどりつくまで、結構かかってしまいました。
P1020776c.jpg
粉砕したベアリングとスペーサー、軸。
ベアリングが錆びていたので、意外に脆くて、直ぐに粉砕できたので、なんだか拍子抜けしました。
P1020784c.jpg
新しい、ベアリングとスペーサーを、M10のボルトとナットで両側から締め付けて、ベアリングとスペーサーを、スイングアーム軸穴に圧入。
P1020785c.jpg
こんな感じで、旨く、ベアリング交換終了。
P1020788c.jpg
なんだかんだと、試行錯誤した結果、最終的に、大体これだけ有れば、スイングアームのベアリングを取り除け、ベアリングの圧入が出来ます。
P1020789c.jpg
リーマーでベアリング内部を粉砕除去。
M12タップとタップ回しで、内部スペーサーにネジを切る。
スペーサー(ベアリングの厚み分の逃げ確保できるぐらいの厚いスペーサーが必要だが、今回は無かったのでスパナを挟んで厚みを確保)
を挟んで、M12ボルトを、内部スペーサーにねじ込み、ナットを締める。
そうすると、ベアリング外枠と、内部スペーサーを引きぬける。
あとは、M10のナットとワッシャーで、ベアリングを圧入すれば完了。

やれやれ、やっと走れる状態まで、復帰しました。
あとは、試走して、ギアとびが無いかどうかです・・・・・。
とりあえず、リアスイングアームのガタがなくなって、すっきりしました。

19日のHKKKは、BD-1で、出撃できるようになりましたよ・・・・。(ギア抜けあるかも知れんけど・・・。)

comment

Secret

No title

よくやるよ、ホント。2時37分だし。
とりあえず復帰おめでとうございました。

はじめまして

うちのBD-1もベアリングが駄目になってしまい同じく交換することにしたのですが
この記事が本当に参考になりました。
おかげでスムーズに交換できました。
やはり先駆者は偉大ですね。ありがとうございました。

Re: はじめまして

あんぱんだ さん
お役に立てたようで、なりよりです。
大変だったでしょう。

CM

訪問者数

現在の閲覧者数

プロフィール

かいち

  • Author:かいち
  • BD-1(自転車)にはまっている、親爺のページです。
    BD-1乗りから、Cannondale SuperSix5乗りなってます。

    藤沢市在住
    休日は、主に境川サイクリングロードを走っています。
    For foreign countries readers:
    Comments of this Blog are accepting Japanese character only, to protect from the spam comment.
カテゴリー
最近の記事
リンク
最近のコメント
最近のトラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
FC2ブログジャンキー

「アクセス数が全然伸びない…」そんな悩みをブログジャンキーが解決します!

ブログ内検索
RSSフィード
Twitter
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2ブログランキング

FC2Blog Ranking

興味があれば・・・
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。